西原流、母親から自立する娘へ5つの言葉。

女の子が生きていく本、メディア
女の子が生きていく

前回、『妻のトリセツ』を読んで、妻の気持ちに少し近づけた気がしました。

今回は、ふと目に付いた西原理恵子さんの『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』の本を読み女性を知るヒントを探します。

この本は自立し巣立っていく娘に西原さんが母親としてアドバイスを送る、がメインの内容です。西原さんの視点を通して社会を生き抜く女性の気持ちを垣間見ることができます。

fightgirl

fightgirl

この本のメッセージは「我慢するな、自立しろ、男に振りまわされるな!」ですかね。

この本は西原さんの半生が描かれています。女性として必死に社会と折り合いをつけて生き、社会の生きにくさを乗り越え、そして最後に自立する娘を見送る。

西原さんも、プライドをへし折られ、男に心も生活も壊された経験があります。それでも自分の居場所を見つけたんですね。早い段階でプライドを捨てて生きるって大事ですね。生きるって綺麗ごとじゃない。

「王子様を待たないで」「ダイヤも、お寿司も、自分で買いましょうね」などなどユニークなメッセージが散りばめられています。

また本の中には男が読んでいるとドキッとするような事を言います。

・要らん男は男捨離
・壊れるんですよ、私の父親がそうだったように。
(引用・抜粋:女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと)

などなど、手を変え品を変え自立を促し、男に頼りすぎるなと伝えています。

男としては複雑な思いもありますが、どんな男でもふいに壊れてしまう可能性はありますよね。そんな時に共倒れしないような、自立する力を持つ事の大切さを説いています。

男の僕が偉そうにあまり言えないのでこの辺で。

で、本の後半に「女の子が生きていくときに、覚えていてほしい5つのこと」がまとめられていますので、僕なりに見てみたいと思います。

西原流、母親から自立する娘へ5つの言葉。

性格悪い方が幸せになれるよ。

・他人に幸せを譲るな。
・「自分さえ我慢すれば」は間違い。
(引用・抜粋:女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと)

などと書かれています。西原さん自身の経験が、こう言わせてるんですね。

smokegirl

smokegirl

さすがに性格の悪さが顔に出ているレベルになると難しいでしょうけど、みんなにとって良い人って結局、みんなにとって都合のいい人ですもんね。

自分の娘には他人を顧みる事なく真っ先に幸せになってほしいのでしょう。

あなたの人格を否定していい人なんて、いない。

人格を否定されたり、お金をわざともらえなかったり、見えないところで、チクチク酷いことを言われたりしたら、殴られていなくても、それは「暴力」です。
(引用・抜粋:女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと)

と書かれています。こちらも西原さん自身が不条理な暴力を受け、そしてそんな人を見てきたのでしょう。

こう言わなくてはいけないほど、そういう男がいるって事ですね。そして傷ついている女性がいる。

性別に関係なく人格の否定って本当にたくさんのパターンがありますよね。とにかく僕も言動に気を付けなきゃいけないと思いました。

自分を否定してくるような言動があれば、我慢したり辛抱したりせずに安全な場所に一刻も早く避難してくださいと西原さんはメッセージを送っています。

それは、あなたが受け取るべき正当な対価なのか。

我慢して安い給料で働かされて自分が潰されるぐらいだったら真面目に生きなくても大丈夫と西原さんは言います。

けもの道だって、道だからね。
多少の外道もアリの人生
(引用・抜粋:女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと)

などなど、ずる賢く、たくましく生きよという事ですね。

不当に搾取されるなと。

都合よく使われるぐらいなら都合よく使えと。これは僕にもタメになる言葉でした。

コイン

gold

真面目な人やいい人と呼ばれている人なんかは、いくらずる賢く考えてちょうどプラマイゼロ程度かもしれません。良いんです!まずは自分の事だけ考える。

あなたはもっと価値のある人間、ずる賢く生き抜いてほしい!

女の一途は幸せのジャマ。夢は、いっぱいあったほうがいい。

上手くいかない事をやり続けて、時間をエネルギーをダメにするぐらいだったら、すぐに切り替えて次の夢に動いたほうが良いと西原さんは言います夢も男もでしょう。

これもたくさんそういう人を見てきたんでしょうね。一途に費やしたがゆえにあきらめる判断を遅らせる事もあります。

さきほどの言葉と重なりますが、ずる賢くたくさんの夢と可能性を同時進行で進める。うまくいった方を採用!っていう方が人生上手くいきそうですね。欲深くあれ!

西原さんは美大に入学した時、自分より才能のある人を見てあっという間に挫折して、すぐに切り替えて別の自分の居場所を見つけました。

ギラギラと正しい野心を持って自分の輝ける場所を探しましょうね。

何があっても、最後は笑えると思っていれば、大丈夫。

どんな辛い事があっても笑うようにするのが、人生を明るい方に進ませていくコツだと西原さんは言います。

大事なのは「思っていれば」というところだと思います。最後に本当に笑えるかどうかなんて誰にもわかりませんが、「そう思って生きる」のが明るい人生への道しるべになると思います。

smilegirl

smilegirl

笑って生きよう!
どの言葉にも娘を思う、母親の気持ちが詰まっています。

人って不思議なものでどちらでも選べる時にでも耐えたり、我慢したほうを選んだりする事ありますよね。やっぱり迷ったらワクワクする方、楽しい方を選びましょう!

今回の本

【書籍名】女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと
【著者名】西原理恵子
【出版社】株式会社KADOKAWA
【出版日】2017/6/2

女性として生きる辛さや重い話もありましたが西原さんっぽいユーモアで読みやすかったです。女性から日本社会はどう見えて、どう理不尽なのかを垣間見る事が出来ました。

30万部近く売れているという事は共感する人が多いという事ですね。

最初にも取り上げましたが「王子様を待たないで」良い言葉です。

男の僕から見ても王子様っぽい男ってテレビぐらいしか見た事がないのでで、まず待ってても相当な美人でも難しいです。

本の中にはたくさん辛い話や重い話もありましたが今は高須院長もいるし幸せそうなので、今が辛いと感じている方への希望の本にもなっていると思います。とにかく高須院長のおかげで説得力が倍増しています。

本全体からは巣立っていく娘に一生懸命に母親なりにメッセージを伝えようとする愛情を感じます。

両親も僕を送り出す時、こんな気持ちだったんだろうな。ありがとうございます。

今回の学びも、この本を通しても女性から見た社会と僕が思っている社会は別物と思いました。まだまだ学ばなくては。

たくさんの点を増やしていって線をつなげていきたいです。頑張りましょうね。けもの道だって、道だからね。by西原理恵子。

ランキング参加しています。お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
一緒にブログをやりませんか?ブログをやるならエックスサーバ!

どんどん人生は良くなります。頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました