「悲劇はどこからやってくるのか?」『なぜ私だけ苦しむのか?』第3章まとめ

naze3本、メディア

こんにちは!金時です。

引き続き、H.S.クシュナー著
『なぜ私だけが苦しむのか』まとめです。

今回は3章、
「悲劇はどこからやってくるのか?」
について考えます。

2章でクシュナーは
「神は苦難に関与していない」と語りました。

ある日、
生徒がラビ(神学者)のクシュナーに尋ねました。
「では、苦難が不運によるもので、
神の意志でないなら
不運はどこからやってくるのか?」

この時、
クシュナーはうまく答えられませんでした。

彼は思います。

これこそが難病で子どもを亡くしたクシュナーも知りたかった、
この本で語りたかった全てのカギとなるものではないか、と。
3_1
不運はどこからやってくるのか?
私の苦痛に救いはあるのか?

この章でクシュナーはこう結論付けます。

全てに理由があるわけではない。
理由なき混沌から悲劇が起こる場合もある」と。

クシュナー
クシュナー

混沌の弾丸は誰に当たるかわからない

やはり、混沌は混沌。
神託も教訓もない暗闇も存在する。

悲劇は、混沌からやってくる。

起きた悲劇に意味がないとはひどい世界です。

この宇宙はでたらめなのでしょうか?
受け入れがたいです。

3_2

因果関係は無視され、
混沌の弾丸はあなたの大切なものを奪います。

今でも私たちの世界の外には
真っ暗な宇宙が広がっています。
何でも起こりえるのです。

著者は言います、
今も混沌と秩序はせめぎあっている、と。

そうです、
この世界は今も危険であり、美しい。
虚無であり、生きるに値する世界です。

こんな世界で力強く生きるヒントを考えましょう。
3_3

では、第3章をまとめます。
光、あれ!

1、2章のまとめは
文章の最後にリンクを貼ります。
関心のある方はぜひご覧ください。




「悲劇はどこからやってくるのか?」
『なぜ私だけ苦しむのか?』第3章まとめ

「すべてに理由はあるのか?」

著者はまず、
「全てに理由はあるのか?」を考えます。

悲劇が起きたとしても、
そこには納得のいく理由があってほしい。

自分に、わが子に起きた悲劇を受け入れたい。

この世界は全知全能の神の息吹に満ちていて、
「すべてに神の意志がある」…のか?

神の意志ならば、
私の子どもが障害を持って生まれてきたのにも、
クシュナーの子どもが小さくして亡くなったのも
全て納得できるでしょうか?

…いや、やはり受け入れられない。
3_4

子どもに障害を与える神の意志は理解しがたい。

神学者であるクシュナーが
なぜこのような本を書いたのか?

それは、ずっと神を信仰したクシュナーですら
難病を持って苦しむわが子を前に何もできなかったからです。
信仰に迷いが生じたからです。

しかし、理屈に合わない悲劇を前にすると、
何かに理由を求めたい。
魂の安らぎがほしい。

とはいえ、
神の意志があっても悲劇は受け入れがたい。

理由なき悲劇も受け入れがたい。
神の意志で起きた悲劇も受け入れがたい。

やはり、悲劇は悲劇。
3_5

つまり、「理由があるかないか」は
あまりなぐさめにはならない。

むしろ理由があったほうが苦しい場合もある。

結局、この入り組んだ世界で
はっきりした理由を求めるのは難しい。

戦場で放たれ、人の命を奪う弓矢は、
罪深き者の名前が彫られ、
明確に罰を与えたのでしょうか?

人の命を奪ったハリケーンに
神の意志が込められているのでしょうか?

いや、「理由なきものもある」
著者はこう結論します。

全ての出来事に理由はない、そうかもしれない。

それでは、
私たちはただ混沌に横っ面をひっぱたかれる、
無意味なただの被害者なのでしょうか?
3_6

いや、起きた悲劇に屈したままではいけない。
明日も生きていかねばならない。

では、どう生きるのか?
次に著者は
物理学者アインシュタインを語ります。

「神はサイコロを振らない」?

19世紀にもなると、
科学者たちの努力によって
この世界の多くの事象を科学で解明されました。

科学はあたかも万能のようでした。

その中でアインシュタインは、
森羅万象を物理法則と数式で表そうとしました。

未来も過去も、
起こることすべてが全て計算できる。
原因があって結果がある。

因果律にこだわりました。


理路整然とした因果の中で、
世界は美しい調和が取れ、理解可能な世界となります。

悪しきものは裁かれ、
善き人間は繁栄する。

しかし、一方で「乱雑さ」を表すエントロピーは
今も増大していると言われています。
また量子力学のように
今までの古典力学の考えを覆すものも登場してきました。

アインシュタインは、確率論・不確実性を持つ量子力学に対して、
「神はサイコロを振らない」と批判しました。
3_7

直訳:量子力学はとても印象的です。しかし内なる声が私に、その理論はまだ真のヤコブになっていないと言っています。量子力学はとても有益なものではありますが、かの古人の秘密にはほとんど迫っていません。いずれにせよ私には、かの古人はサイコロを振らないという確信があるのです

“古人”とは神の事です。

アインシュタインは
量子力学を理解できず批判したのでしょうか?

離婚も経験し、
多くの実験や研究で失敗して
痛いほど不確実な現実をみたアインシュタインです。

世界は理路整然としているには程遠い、
それでも「神はサイコロを振らない」と言ったのです。
3_9

アインシュタインは
物理学で神の秘密に迫ろうとしました。

不安定なこの世界で
物理学の力を使って秩序を創ろうとしたのです。

「神はサイコロを振らない」と言ったのは
物理学者の決意ではないでしょうか?

混沌があるのは知っている。
ただそれに屈してはいけない。

混沌の前で手を休めてはいけない。

アインシュタインは
無秩序の中に
美しい法則を見出そうとしたのです。

創世記では、
「地は茫漠として何もなく、
闇が大水の面の上にあり」
このような混沌の中に
神は天地を創造したとあります。

3_10

順番があります。

闇が先にある。
混沌の中だからこそ、
光と秩序を創らなければいけないのです。

悲劇からスタートしましょう!
あなたが奇跡を起こす順番が巡ってきたのです。

混沌の闇の中に意思の力で光を灯すことが大切なのだ、
アインシュタインは生涯をかけて私たちに教えてくれたような気がします。

3章まとめ「光、あれ」。

創世記のはじめ
神は「光、あれ」と言います。

「あれ」という言葉は不思議です。
祈りであり、
願望と命令が混じったような言葉です。

英語では「Let there be light.」
直訳すると「光がありますように」です。
3_11

最初に神は世界に祈りを捧げ、
そこから全てが始まりました。

今、あなたは悲劇の中にいるかもしれません。
果てしない暗闇で無力をかみしめているかもしれない。

理由なく悲劇は起こる。

悲劇から謙虚さを学び、
それでも屈しない自分の力を感じる。

そして奇跡を祈り、小さな光をつむいでいく。

その行為は届かないかもしれない。
報われないかもしれない。

ただ、あなたがあなたをあきらめない限り
希望の光はあなたとともにあります。
prayer

理由なき混沌に、
秩序や法則を創り、光を見出す。
これがアインシュタインのいう”古人の秘密”に近づく秘訣です。

そして、秘密に迫るには闇を知る必要があります。
天国に奇跡は起きません。

奇跡は闇を光で照らした瞬間から始まります。

著者は言います、
聖書では神は7日間で天地創造され、休息に入られました。
この混沌がある世界はまだ天地創造の6日目なのかもしれない。

もしくは、天地創造の7日目のあとは
私たちがその仕事を引き継いでいるのではないか、と。

著者はミルトン・スタインバーグの言葉を引用します。
「神の創られし神殿のいまだ取り払われざる足場」は存在したままだ、と。
3_12

この世界は
いまだ理由なき混沌と闇が拡大しています。
そのうえで悲劇に屈せずに
「生きていくことを学ぶ」のです。

大きな存在を身近に感じ、
お互いになぐさめ支え合う。
絶望せずにささやかな光を紡つむいでいく。

あなたに「光、あれ」!

過去や未来から解放され、
永遠に完成しないこの世界で
その瞬間の祈りの行為にこそ
もっとも意味があると私は思います。

これで第3章のまとめを終わります。
次回は第4章『新たなる問い』です。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
また次回お目にかかりましょう。
ともに夜明けを信じましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
興味を持った方は1.2章のまとめもご覧ください。
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました